一貫した当事務所の姿勢~妥協を許さない契約書作成


 

契約書は裁判時の証拠書類として用いられる等重要な法律文書です。

 

 

そのため、手を抜いて作成することは絶対にできません。

 

 

何気なく作成した「条項の一つ」が、自己に有利になったり不利になったりします。

 

 

条項を有利にしたり、リスクを考慮し抜け目なく条項を規定するには、法的素養のみならず根気も必要になります。

 

 

契約書作成は手間がかかるという性質があるところ、根気負けして、「この辺でいいや!」等と妥協してしまうと、トラブル発生の原因となります。

 

 

当事務所では、「この辺でいいや!」等と妥協して契約書作成を行うことはありません。常に想定されうるリスクは全部明らかにした上で、最適な表現で契約書作成を行っています。

 

 

質の高い契約書をお求めの御依頼者様のため、契約書作成業務に関し、当事務所では積極的に対応しております。

 

 

当事務所は、契約書作成を付随業務としてではなく、主たる業務としている「契約書作成専門の行政書士事務所」です。

 

 

ぜひお気軽にご相談下さい。