No.-債務弁済契約の消滅時効


Q.債務弁済契約を締結した場合、消滅時効はどのように取り扱われますか?

 

 


A.債務弁済契約は、従来の債務を承認するだけであり、これにより時効の中断という効果が生じますが、それにより債務の性質が変化するというわけではありません。

 

そのため、時効の中断により、従前の債務と同じ消滅時効期間によって、債務弁済契約日から新たに時効が進行します。

 

例えば、売買代金支払債権(商人の場合)を対象とした債務弁済契約をしたときは、消滅時効は2年間となります。